ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

星のひとみ

広告


コメントする

扉の向こう

暮らしの片隅に、心がそっと入り込んでいける扉をこしらえておくことは、私の生まれついての習慣です。

『ドコデモドア』は別の世界へ行けるドアですけれど、私の扉は「ドコノモリ」へ直通します。

ドコノモリの広さがどのくらいあるのか、実はよくわかりません。

奥へ奥へと分け入ってみるのですけれど、森はとぎれることなく続いているようで、いつになったら森の終わりにたどりつけるか知れません。

倒れた樹を台座にして、大きな樹がそびえているのを見かけます。

朽ちた木を養分として育ったのでしょう。

その樹も年をとり、半ば生命を終えようとしていますが、からみあった枝の間に、淡い緑色の生命の芽ばえを抱いています。

この森は沢山の生命を育て、次の世代へと手渡しているのです。

死と生が重なりあった樹を見つめていると、私はまるで仏像の前にいるような気持ちになり、頭を垂れ眼を閉じるのです。

この森の先は、生命の始まりの場所なのかもしれません。

樹々たちは、生命の産声をはるか昔に聞いたことでしょう。

それを思い出してか、深いため息が森の奥から風となって吹いてきました。