ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

木の上を歩く

木の上を歩く

私は誰かを捜していたのです。
森の中を

茨やつるは行く手をさえぎり
一歩進むたびに深く沈みそうで
私は両の手を拡げ
森の中を泳いでいきました

気がつくと
私は木の上を歩いているのです

見上げる空は青く
底知れない海に似て
足元に拡がる緑の枝は
空との境にあるために
風がしきりに緑の波をたて
小刻みにふるえていました

私は誰かを捜していたのです
いったいどこにいるのでしょう

私の口から ひいよと声が生まれました
小さな鳥のようなその声は
魂そのものでした

ことばの最果ての木の上の
青く拡がる空の中へ
飛びたっていく
その時までに
私は幾度もここへ
やってくることでしょう

最後のことばが
小鳥のさえずりとなって
輝いています
捧げ物のように
空に向かって

広告