ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

鳴らせ鳴らせ ぼくの笛を

鳴らせ鳴らせ ぼくの笛を

鳴らせ 鳴らせ
ぼくの笛を

軽やかに歌うヒバリのように
ぼくの笛も 空へ向かって
舞い上がれ

ぼくは 全体ふいごとなって
体の中の 迷い子の風を
外へと押しだそう

迷い子の風よ
ぼくの笛を 鳴らせ 鳴らせ
歌となれ

風が きらりと色付くのは 外に光があるからだ

迷い子の風よ
大丈夫だよ
ぼくは 全体ふいごとなって
おまえを支える通底音を
ずっと奏で続けるよ

広告