ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

黄昏時の道

真実は死んだ

真実は死んだ

誰も通らない黄昏時の道
静かに夏の雨が降っている
畑も向かいの山も
ゆるやかに色を失い
眠りの時を迎えようとしている

誰も通らない黄昏時の道は
あちらから来て 向こうまで
長い川のように続いている

熱い道の上に
夏の雨が降る
谷間を流れる川のように
道は黒々と深々と
向こうまで続いていく

思い出したように 蛙が鳴き始めた
生まれてきたことを
生きていることを
思い出したように

誰も通らない黄昏時の道の先に
細いひと筋の道をつけるのは
一匹の蛙?
野の兎?
二足歩行の幼い子たち?

そうでありますように

そうなりますように

広告