ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

無題

ill_dokono_130421

静かに動き
去っていくもの
まぶたの裏に青い空を残して

わずかばかりの
花の香を残して

風の調べと
空の雲

あるかなきかの
静かな呼吸

広告


コメントする

「お花がわらったよ」・パンニプッケルさんのこと

パンニプッケル

パンニプッケルさん

こみあった葉の間から、お陽さまの光が暗い森に差し込んで来ました。

光はちらちらと揺れたり、明るい長いひものようになったり。
森の中は光がいろいろな形になって、あちらこちらを明るくしています。

そのお陽さまの光によく似ているけれど、
勝手に動いて木に登ったり、集まってぼんぼりのような仄明るい光の玉になるのが、パンニプッケルさんです。

パンニプッケルさんは、ひとりではありません。
パンニプッケルさんは、沢山います。
よちよち歩きの赤ちゃんが抱っこするぬいぐるみぐらいの大きさで、まん丸い鼻と小さな眼、赤ちゃんのボンネットに似た、ひらひらのふち飾りをした帽子をかぶって、そしてしっぽがあるのです。

夜の間降り続いた雨がやんで、今朝は清々しい青空が拡がっています。

パンニプッケルさんは、草の間を音をたてずに歩いていました。
スミレ、福寿草の林を通り抜けて、モミの木の赤ちゃんがたくさんいる所も通っていきました。

パンニプッケルさんは時々立ちどまって、黒い小さな鼻をふんふんさせました。
あ、わかったみたいです。急に早足になって進んでいくと・・・。
春蘭の花が咲いていました。
パンニプッケルさんは、にっこり花にほほえみかけました。

うすい緑色の花はついさっき咲いたばかりで、おしろいのような香りがしています。
春蘭はにっこり笑いました。

(お花が笑ったよ。)

パンニプッケルさんは(笑ったよ、笑ったよ)という嬉しいことを心の中に入れて、森の中を歩きました。
そしたら今度は、春リンドウの花に会いました。
春リンドウは、にっこり笑いました!!

(お花が笑ったよ。)

パンニプッケルさんはにっこりして(笑ったよ、笑ったよ)と、嬉しいことを又心の中に入れて歩きました。

パンニプッケルさんの嬉しいことがいっぱい入った心は、だんだんと明るさが増していくようでした。
パンニプッケルさんの体が、ぽおっと光っています。

歩いているとチコちゃんに会いました。
パンニプッケルはチコちゃんをみて、にっこり笑いました。
そして今度は、二人で歩きました。

立ちどまるパンニプッケルさんの前に、色々なお花が咲いていました。
お花はチコちゃんをみてにっこり笑いました。

(笑ったよ、お花が笑ったよ)

チコちゃんにはパンニプッケルさんの声がきこえたように思えました。

パンニプッケルさんはしゃべらないのです。
しゃべらないけれど、森の仲間たちは困りません。

黙っているパンニプッケルさんは、黙っているお花とおはなしします。
いっしょに笑ったりします。

パンニプッケルさんは、「黙っていることば」をいっぱいもっているようです。
そうです、お花も持っているのですね!!

パンニプッケルさんと一緒にお花が笑うのをみた夜、チコちゃんは不思議な夢をみました。

ぞっとするような闇の世界がありました。
そこにパンニプッケルさんがいました。

パンニプッケルさんは、カッと眼を開いて炎をあげているのです。
その炎は、闇の世界の中で明るく輝いています。

炎が小さくならないように、沢山のパンニプッケルさんが次々に炎の中に飛び込んでいきました。
明るさを増した炎は、100年も1000年も万年も輝いています。

チコちゃんは、次々とパンニプッケルさんが炎の中に飛び込んでいくのをみているうちに、パンニプッケルさんが皆いなくなってしまう!!と思いました。

そんなこと、いやだ!!

パンニプッケルさん、やめて!!と思った途端、パンニプッケルさんは(大丈夫だよ ボクは死なないよ)と言いました。

(ほら・・・)

大きな炎が夜空に細かく散らばり、沢山のパンニプッケルさんが星になって輝いています。

(ほらね)

パンニプッケルさんは、にっこりしました。

(ぼくは死なないよ)

空いっぱいのパンニプッケルさんは、やはりいつものように静かにそこにいました。

今朝もドコノモリの上には、青い空が拡がっています。

(おはよう)

チコちゃんは、パンニプッケルさんに無言でいってほほづりしました。
パンニプッケルさんの身体は、春の陽ざしのように暖かです。

チコちゃんは、パンニプッケルさんの心の中に入っていったような気がしました。
空のように広くて、空いっぱいにいるパンニプッケルさんの姿を思い出していました。

(おはよう) パンニプッケルさんも、黙って笑いました。

(次回へと続く)
「ドコノモリの仲間たち」第4回
2013.04.16


1件のコメント

「到着」

ドコノモリ

池のほとりでうっとりさんとグーヨは出会った

さて・・・。浮き山さんは派手なくしゃみを何回もしながら、ずんずんと進んでいきました。
そして、急に止まったのです。

皆の耳の中が、しーんとしました。

それから「トーチャク、トーチャク」と鳥が鳴いたのです。
「どこについたのかなあ。」ミッケくんは森のはずれまで行ってみました。
ずっと前、プーニャが茨にとおせんぼされた所です。
ミッケくんが茨の繁みのすきまを腹ばいになってのぞいた時、小さな蛙と眼が合いました。
ドコノモリに最初にやってきたのは、小さな蛙でした。

蛙は、びっくりしたような、でもちょっとだけ、ほっとしたような顔をしていました。
「ボク、旅をしていたんだよ。そしたら、急にな大きな音がして地面が揺れたの。
トーチャク、トーチャクという声もしたよ。
ボクは、たどりついたの?」と蛙が言いました。
「うーん・・・。確かめに行こうか。」とミッケくんは言いました。
「おいで。池があるよ。」

ふたりは池に行きました。ドコノモリの奥には池があるのです。
池のずっと先には浮き山さんが見えます。
「ああ、何てきれいな所なんだろう!!」
蛙は、うっとりと池を眺めて言いました。

蛙は、池で暮らすことにしました。

お陽さまが、水面を照らす頃、蛙は起きだしてきます。
同じ頃、小さな風も目をさまします。
そして、水面にさざ波をたてて、「おはよう、おはよう」と蛙にあいさつしながら走り去っていくのでした。
キラキラとお陽さまの光が風の通ったあとに残りました。
蛙はそれを毎朝うっとりとして見ていました。

すてきだな
この世界
空にはチョウチョ
水の中にはアメンボ

すてきだな
この世界
たべものいっぱい
手をのばせば
おなかいっぱい

ボクは
しあわせの歌を歌うよ

ハスの葉の上で
ココロ ココロ
ココロ しあわせ

ヘビのことは
考えない
考えないったら 考えないったら

蛙は毎日歌を歌っていました。
新しい歌が沢山出来ました。

ある日、蛙が(歌を)歌い終わった時、誰かがパチパチと手をたたきました。
「だーれ?」と蛙が聞くと
「グーヨだよお」という声がしました。
「くーよだって!! げぇっ!! くわないで!!」
蛙が驚いて逃げようとすると
「ちがうよお。くーよじゃないよお。グーヨだよお。」とのんびりした声でグーヨが出て来ました。

「いい声だなあ。オイラの笛と一緒に歌ってくれないかなあ?ミッケはバイオリンをひくよお。プーニャはハープをひくよお。タバールはコンサティーナをひくよお。一緒にやろうよお。」と言ってにっこりしました。

こうして、ドコノモリの楽団に新しいメンバーが入ったのでした。

蛙は・・・この頃、皆は蛙のことを「うっとりさん」と言うようになっていました。
・・・毎日、毎日しあわせの歌を歌っているのでした。
ドコノモリの仲間は、うっとりさんの歌を聴くのが好きでした。
「又、あした・・・」夕暮れが近づくと皆それぞれのおうちへ帰っていきます。
「楽しかったなあ」
うっとりさんもうっとりしながら池のおうちに帰ります。

夜、うっとりさんは一人でした。
今夜は満月です。
うっとりさんはまん丸いお月様をうっとりとしながら眺めていました。
そうしたら、昔住んでいたまん丸い池のことを思い出しました。
お父さんやお母さんや兄弟たちと暮らしていたまん丸の池。
お月様みたいにきれいでした。

その池のきれいな水が、ある時、妙な味になってしまったのです。
お父さんもお母さんも兄弟たちもいなくなってしまいました。

うっとりさんは思います。

きれいな水に又出会ったよ。
友だち 沢山出来たよ。

ああこれ以上 しあわせなことって
あるだろうか

ボクは祈るよ
ボクは歌うよ
祈って歌うよ
いつまでもきれいな水であるように
友だちがしあわせであるように

うっとりさんは静かな声で祈って歌いました。

その声は寝ている皆の夢の中にもやさしく響いていきました。

ドコノモリは、じっと聞いていました。
うっとりさんのすわっている大きな岩も聞いていました。
風は花の甘い香りをそっと、うっとりさんに送って、うっとりさんをやさしくやさしくなでました。

静かな、きれいな夜でした。

(次回へと続く)
「ドコノモリの仲間たち」第3回
2013.04.07