ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

新しい友だち

ill_dokono_130816_03

ドコノモリに住む者たちは、皆、私の果実を食べています。
私たち草木族は死にません。
生き続けます。
生命を、次から次へと託して行きます。
死んでいても、生きているのです。

赤ちゃんも
風船の子も
草木族の果実を食べました。
決して死なない生命の炎が、どんな働きをこれからして行くのか。
赤ちゃんも
風船の子も
それぞれに
自分の役目を果たしてくれるでしょう。

大丈夫
あなたたちは
私の子ども
私のことばを覚えておきなさい。

プーニャは、子育ての樹のお母さんが言ったことばを、思い出していました。

プーニャは、子育ての樹のお母さんがくれた金色の実を、毎日赤ちゃんと風船坊やにあげました。
赤ちゃんの瞳は、ドコノモリに来た時からずっときれいに澄んでいました。
沢山の戦いの場を見ていた瞳は、それ以上に沢山の美しいものを見ていたのでしょうか。

風船坊やの瞳も、いつもキラキラしていました。
風船坊やの笑い声は、辛い経験を突き抜けて、明るく四方へ拡がっていくのでした。

プーニャは、風船坊やに「ボーニャ」という名をつけました。
そしてボーニャは、プーニャの子どもになりました。
プーニャとその子どもたちの所へは、いつもチコちゃんが来ていました。

プーニャのお手伝いになればと思ってやって来るのです。
お手伝いと言っても、子どもたちと一緒に遊ぶことなのですけれどね。

ドコノモリの仲間たちも、やって来ますよ。
そして、一緒にお茶を飲んだり、川遊びをしたり、散歩をしたり木登りをしたりして遊ぶのです。

赤ちゃんは、皆に抱っこされたりおんぶされたりして、大切に育てられました。
ボーニャは、赤ちゃんよりだいぶ大きなお兄ちゃんですから、ドコノモリの仲間たちは、ボーニャを皆の弟にしました。

弟には、釣りのやり方とか、泳ぎ方とか、草のつるで縄を作る方法とか、遠くのものを見る術とか、色々教えたくなりますね。
ボーニャは、何もかもが目新しいことばかりなので、喜んで毎日色々なことを森の仲間に教わりました。

ill_dokono_130816_01
ill_dokono_130816_02

さて、ある日のことです。
かごの中に入っている赤ちゃんが、機嫌良くバブバブとおしゃべりしているのを、ボーニャは見ていました。

赤ちゃんは、チコちゃんがカバンの中から出してくれたお人形を手に持って、バブバブ言っているのでした。
お人形は、木のお人形でした。

ボーニャが見ていると、まあ、お人形が目をパチパチさせているではありませんか!
赤ちゃんはさらに上機嫌になって、バブバブ言ってお人形をなめ始めました。

すると、「きゃあ!」という声がしたのです。
赤ちゃんもボーニャも、びっくりしてしまいました。

「ごめんね。赤ちゃん。びっくりさせて。私もびっくりしちゃったのよ。」
お人形は、ちょっと恥ずかしそうに言いました。

「私は、木で出来ているのよ。ずっとずっと昔、チコちゃんのご先祖さまが、山の中の木を切り出してね、私を作ってくれたの。」
「私は、沢山の赤ちゃんや子どもたちと遊んだわ。抱っこされたり、それこそなめられたり。」
「でも、しばらく赤ちゃんに会っていなかったから、急になめられてびっくりしてしまったの。」

「あー、そうだったのかー・・・。」
ボーニャは、お人形を見つめました。

チコちゃんのご先祖さまが作ったということは、相当のお年寄りのお人形のようですが、チコちゃんに毎日磨いてもらっているのでしょうか、木の肌はツヤツヤしていてとてもきれいでした。

丸い頭は、チコちゃんみたいにおかっぱの髪を、絵具で描いてありました。
丸くて黒々とした眼、ほっぺは赤く丸く塗ってありました。
元気なかわいい女の子の人形でした。

「あのね、私ね、チコちゃんと一緒にドコノモリへ来たのよ。雲と雲の間をピョンと飛んでね。最後は、長~~いハシゴを伝って降りたの。」

「わー!」ボーニャは、ますますびっくりしました。

「それでね、私ね、チコちゃんがカバンの中に入っていなさいって言ってくれたのに、ちょっと外を見たくなってしまったの。」
お人形は、どんどん早口になってきました。

「そしたらね、私、すごーく高いところにいるなって分かって、目を回してしまったの。」
「チコちゃんはドコノモリに着いた時、私が目を覚まさないのでとっても心配したんですって。」
「早く目を覚ますといいなと思って、ドコノモリの仲間も交替で私の世話をしてくれたのよ。」

「パンニプッケルさんは、私をつれて陽の当たる所で一日中ひなたぼっこしたの。」
「私は、ポカポカにあたたまったわ。私の生まれた林も、陽の当たる明るい林だったなぁって、思い出したわ。」

「グウヨは、私をつれて森の中を散歩したわ。」
「小鳥が歌っていた・チュチュチュ、チュチュピー、ピュルピュルピー、ピッピーリリリ、ツーツーピィーって。」

「川がおしゃべりしてた。葉っぱがこそこそしゃべってた。」
「そしてグウヨが笛を吹いてお返事したのよ。笛の音色は、木の兄さんたちの声に似ていたの。」
「私、楽しくなって、すこし体がやわらかになったみたい。」

「そしたらね、ミッケくんがね、私にね、『ほかほかあたたかいね。ほっぺにえくぼができたよ。目をあけてごらん。もういいよー。』と言ったのよ。」
「私は、『まだだよー』と言ったら、皆の笑う声がして『もういいよー』と皆が合唱したの。」
「私もおかしくなって、『もういいよぉー』って言って目をあけたのよ。」
「皆のにこにこした顔と、その後ろにきれいなきれいな森があったの。」

お人形は、にっこりしました。
そしたら、木の肌に小さなえくぼができました。

「そしてね、私ね、ボーニャと赤ちゃんに言いたいことがあるの。」

「え?なーに。」

「こんにちわ、ようこそドコノモリへ。私のおともだち!」

ボーニャと赤ちゃんは、新しい友だちに出会ったのでした。

第10回 つづく 2013.7.9

広告