ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

森に還る

森に還る

女の子が両の手を大きく拡げて
空にむかってのばしていた

樹のように
ぐんと手をのばして
気持ち良さそうに

青い空にはたった今
雲が遠いところからの航海の途中で
横切るところ

ふと気がついて
下の女の子に声をかけた

おーい
遠い遠いところで
おまえにそっくりな子と
この森の木にそっくりな木を
見ましたよ

かわいそうに
そこはどこもかしこも
焼けてしまって
地面はどこまでも
さえぎるものがなく
かと言って空をゆく私の姿を
眺めている人はいなかった
いのちがどこにもない世界でしたよ

黒い影が地上を通りすぎる
それが私の姿だとわかっているからなおのこと
自分が地上に降り立って
誰かを捜している者のように思えてきて
私の影は焼け野原をさまよいました

やがて崩れ落ちた教会のそばで
私の影とはちがう
もうひとつの影を見たのです

空に向かって大きく手をさしのべている
黒焦げの木の影を

大きな大きな祈りのような手の姿を
していた

どうかお願いだから
なぜこのようなことが起こったのかを
教えておくれと
沢山のいのちが 黒焦げの手を空に向けて
さしのべている幻が 私には見えました

ああ・・・ 何ということを

私の涙は黒い雨となって
地上にふりました

と、そこに
黒い雨に打たれながら
両の手を空に向かって
さしのべている女の子を
私は見つけたのです

ああ、あの時の女の子!!
あの時のおまえは
ここで安らかな時を
すごしているのかい?

ここは戦場とつながっているけれど
絶対に侵されない場所
それをわかっている小さなおまえよ
どうぞ安らかにあらせたまえ

この場所があることを
人々が忘れ去ってしまう時こそ
人も森も私も
永遠に滅びるのだから

小さなおまえよ
この森と共に
生きつづけておくれ


コメントする

漁

記憶の大海に
釣り糸を投げ入れる

あのことば
あの旋律を
思い出したいと

さざ波がたち
おもかげが揺れる

水面から一気に立ち上がる
思い出よ

これは偶然ではない
奇跡でもない

私はありかを
知っていたのだ!!


コメントする

「歌」

歌

昔々 祈りと希望と喜びは
歌とひとつのものでした。

北に森と湖が広がる小さな国がありました。

或る日 その国の城に 二人の乙女がやってきて
「仕事を下さい」と 年老いた王妃に願い出ました。

王妃は ふたりの乙女にタペストリーを織る仕事を
与えました。

昔 幼い王女たちが行方知れずになって以来
悲しみにくれていた王妃が 織るのをやめてしまったタペストリー。
それを仕上げるようにと 年老いた王妃は命じました。

ふたりの乙女は その織りかけのタペストリーを
再び織り始めます。

乙女たちは 日の出とともに仕事をしました。
歌いながら。

小鳥のように歌いながら。

「昔々 祈りと希望と喜びは

歌とひとつのものだった

私たちは ふたたび歌を歌う

祈りと希望と喜びを
ひとつのものにするために」

乙女たちは 始めに タペトリーに 世界と天国を織りました。
次に 太陽と月を織りました。
兄弟と姉妹を織り
最後に父と母を織りました。

祈りと希望と喜びを
ひとつのものにするために

王と王妃は ふたりの乙女たちの歌を聴き
タペストリーに織り込まれた世界を見ました。

そこには 愛する息子たちと娘たちと
そして自分たち自身の姿がありました。
王妃は 祈りと希望と喜びを
ひとつのものにした娘たちを
抱きしめました。

喜びの涙とともに。

スウェーデンの古謡よりイメージを得て


コメントする

木の上を歩く

木の上を歩く

私は誰かを捜していたのです。
森の中を

茨やつるは行く手をさえぎり
一歩進むたびに深く沈みそうで
私は両の手を拡げ
森の中を泳いでいきました

気がつくと
私は木の上を歩いているのです

見上げる空は青く
底知れない海に似て
足元に拡がる緑の枝は
空との境にあるために
風がしきりに緑の波をたて
小刻みにふるえていました

私は誰かを捜していたのです
いったいどこにいるのでしょう

私の口から ひいよと声が生まれました
小さな鳥のようなその声は
魂そのものでした

ことばの最果ての木の上の
青く拡がる空の中へ
飛びたっていく
その時までに
私は幾度もここへ
やってくることでしょう

最後のことばが
小鳥のさえずりとなって
輝いています
捧げ物のように
空に向かって