ドコノモリ

うきやま山のすそ野にて


コメントする

「風景のように」

ill_09.11.01

風景のように

そこに

そのままの姿のことばが寄り添えたら

「やあ!」と呼ぶ私の

ことばの波に応えて揺れる

その「樹」とともに

互いを隔てる空間に

仲良く立ちつくすことができたら


コメントする

草原食堂

草原食堂

草原食堂

 

本日のおすすめは

北風の運んできた

初秋限定のサイダー

ひんやり空気の泡入り

胸に沁み入る一杯をどうぞ

冷えた胸を

ごろんと草原に委ねて

夏の終わりのぬくもりを

お楽しみください

ひつじ雲の枕もご用意しております


コメントする

鳴らせ鳴らせ ぼくの笛を

鳴らせ鳴らせ ぼくの笛を

鳴らせ 鳴らせ
ぼくの笛を

軽やかに歌うヒバリのように
ぼくの笛も 空へ向かって
舞い上がれ

ぼくは 全体ふいごとなって
体の中の 迷い子の風を
外へと押しだそう

迷い子の風よ
ぼくの笛を 鳴らせ 鳴らせ
歌となれ

風が きらりと色付くのは 外に光があるからだ

迷い子の風よ
大丈夫だよ
ぼくは 全体ふいごとなって
おまえを支える通底音を
ずっと奏で続けるよ


コメントする

鳥に出会う日は

鳥に出会う日は

鳥に出会う日は
空はればれと
陽はあたたかく
水の流れは 音高らかで
足元の土は
苔と芽吹いたばかりの草々と
小さな花が咲いている

つがいの鴨が水面(みなも)を切って
飛び立っていく
雌の雉が
アジサイの葉陰から
姿を見せる

小さな鳥が
柳じいさんの古い枝で
遊んでいる

鳥に出会う日は
私も鳥のように
飛びたい日なのだろう


コメントする

旅日記

旅日記

旅日記

見ることは 心に傷をつけること
それはうっすらとツメをたてることであったり
ていねいにナイフで線を刻み付けることであったり
瞬時に熱い光で焼き付けることであったりする

だから
空を飛ぶ鳥も
風に揺れる樹々も
赤子の泣く声も
優しい人の姿も
我が身の中に 全て収まっていくのだ

こんな小さな我が身の中に

しなびたりんごの肌を見ることで

崩れゆく老木のかたわらで
ひっそりと育ちゆく若木を見ることで

世界の広さと 深さと
長大な時間までもが
我が身の中に収まっていくのだ

こんな小さな我が身の中に

やがて
刻まれた印で
我が身がおおわれた時

私も又 宇宙の似姿となり
傷の記憶を携えて
空へと還っていくのだろう


コメントする

「意識の流れは」

「意識の流れは」

意識の流れは
水の流れていく様とは異なり
方向はあるようで
ないようで

留まり
走り
ジャンプし

そして飛行する時間の枠は消え
縮んで
伸びて
伸びて
パチンと途切れる

眠っている時も
起きている時も
ぴたりと寄り添うもの

たまには
それぞれ
独立してみたくもあるが
意識なしに思考は生じず
語りもできない
厄介な双つ子同志

この世界に登場した
その始めより
共にいる者

故に
互いに互いをあざむくなかれ
互いに互いを許すなかれ
へらへらと同調するなかれ

意識の流れの源の
静かな水面に
ポタリと落ちた一葉の
波紋
それが私だ


コメントする

木の下の闇に

木の下の闇に

木の下の闇に

木の下の闇に もぐり込めば
世界は 遠くに去っていく

いない いない いない
坊やは そっと つぶやいた
聞いているのは かくれんぼの木ばかり

木の下の闇に もぐり込めば
世界は 遠くに 去っていく
あとに残るは 坊やだけ
ぜんぶ坊やの 世界だけ

みつけたよ みつけたよ
笑い声が聞こえる

坊やの世界
木の下の闇の
かくれんぼの木のまわり